CSiEDA is your partner

定常状態、過渡状態機能の解析を持つ、線形/非線形の回路シミュレータで、直流からマイクロ波回路まで対応します。ハーモニック・バランス解析手法とコンボリューション・トランジェント解析手法により、定常状態、過渡状態、両方のソリューションを容易に得ることができます。

この解析は、周波数領域の線形解析機能で、フィルタなどのパッシブ回路や小信号増幅器などの解析に用いることができます。
半導体データはSパラメータデータとSPICEパラメータを用いることが可能です。

この解析は、ハーモニック・バランス法を用いて大信号入力時のSパラメータを解析する機能で、非線形を考慮したSパラメータを解析することができます。
次の例は、入力電圧を0.1[V]〜1.0[V]に設定して、Sパラメータ特性のシミュレーションを行った例です。0.1[V]時はほぼ小信号Sパラメー タ解析の結果と等しくなっていますが、入力電圧が大きくなるに従い利得(S21)は減少し、S11も大きくずれていくことがわかります。

設計アルゴリズムに基づいた回路の設計、合成ソフトウエアで1000種類以上の回路を設計できます。
フィル、整合タ回路等を様々な条件に基づいて高速に設計します。


条件1、カットオフを2.5GHzとし、3.5GHzで30dB減衰
条件2、プリント板定数を記入します。
例では、H=1mm、εr=3.4

 


条件1、中心周波数を2.45GHzとし、帯域幅100MHz
条件2、プリント板定数を記入します。
例では、H=1mm、εr=3.4

※印は必須項目です。

会社名
郵便番号
ご住所
部署名
役職名
氏名
電話番号
E-mail
資料請求 希望する 希望しない
体験版 希望する 希望しない
無償デモ 希望する 希望しない

アンケートにご協力ください。

1. どこでお知りになりましたか?
トランジスタ技術  その他の雑誌   Webサイト  E-mail / DM  その他
2. 導入時期はいつ頃でしょうか?
1ヶ月以内  3ヶ月以内   半年以内  それ以上  検討していない